HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを表示する 表示用ページ


河内神社
かわうちじんじゃ
[新潟旅行] 新潟県村上市宮ノ下206  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に三つ巴

式内社 越後國磐船郡 多伎神社

御祭神
雲上佐市郎

新潟県村上市(旧朝日村)にある。
JR村上駅の北東5Kmの宮ノ下に鎮座。
三面川と高根川が合流する地点の右岸にある。

参道入口に両部鳥居が立ち、
そばに「一宮河内神社」と刻まれた社号標。
鳥居の両脇には、背の高い木が聳えている。

鳥居をくぐり、緩やかに登る参道を歩くと、
境内入口には石の鳥居。奥に緑の杜に囲まれた社殿。
拝殿の後方に、雪囲いの施された流造の本殿。

雨の日の休日。
長い参道の右脇に車道があるので、
境内横まで車で近づき、
ちょっと小降りになるのを待って参拝。
写真が少しモヤって見えるのはそのため。

式内社・多伎神社の論社の一つ。

社伝によると、応保元年、
後白河天皇第三皇子である頼仁親王が当地に下向し、
当郡十川村に居住し、「雲上佐市郎」と称していた。
薨去の後、安元二年、当村の産土神として勧請したという。
これが正しければ、十二世紀の創祀で、
式内社(十世紀以前)ではないことになる。

当社が多伎神社の論社となったのは、
万葉集に「多藝津河内尓高殿乎」という表現があるかららしい。
かなり無理があるような気もするが、
ちなみに、新潟県北部には、
河内神社・川内神社という神社が多く分布し
雲上佐市郎をお祀りしているお宮が多い。

境内の左手に境内社らしき祠が一つ。

社殿には三つ巴の紋が付けられていた。


参道入口の鳥居

参道

境内入口

境内

社殿

境内

拝殿

本殿


最終更新日:2013/10/09
【 河内神社 (村上市)(印刷用ページ) 】

ボーダー




no index