HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを表示する 表示用ページ


與須奈神社
よすなじんじゃ
[福井旅行] 福井県福井市下市町27−36  Zenrin Data Com Maps display !!


八輪宝

式内社 越前國足羽郡 與須奈神社
旧村社

御祭神
大己貴命
合祀
少彦名命 繼軆天皇 大山祇命 稚子媛

福井県福井市にある。
福井駅の西5Kmほどの下市町に鎮座。
日野川に沿って走る115号線の側。
道路から少し入ったところに在る丘の上が境内。
道路の側に、『村社 式内 與須奈神社』と
刻まれた社号標があるので、それが目印。

参道の階段を上ると祠のような建物があり
階段を左折すると鳥居。
鳥居の扁額には「寄須奈神社」と刻まれている。

鳥居の奥が境内だが、下から見たときに想像したよりも広い。

境内奥に拝殿があり、拝殿の後方に本殿がある。

参拝中には気付かなかったが、
拝殿の前に築山があるらしい。
これは古墳であるといわれ、
昔、土地の人間が一部を掘ると灰のようなものが出てきた。
が、その人間が死んでしまい、
その後、これを掘るものは居ないという。
ちょっと怖い。

創祀年代は不詳。

『越前国惣神分』に「従四位 依須那神」と記された古社。
昔は、「寄品明神」「依品明神」と呼ばれ、
『足羽郡誌』によると、
元は大瀬の大杉の下にあったという。
村人が下肥を車に積んでこの神祠をしばしば通行したので
明神がこれを忌み、下市へ遷りたいと願った。
下市の市左衛門が夢の告にてこれを知り
下市の山腹に堂を建てて祭ったという。

このように祀られた当社だが
明治四十二年六月、無格社・中山神社とともに
下市宮ノ越にあった村社薬師神社へ合祀。
旧地の山中には石柱が残っているという。

明治四十四年六月、その薬師神社を当地・亀山へ移転。
その後、薬師神社の社号を與須奈神社と改めた。

現在の祭神の中で、與須奈神社としての祭神は繼軆天皇
大己貴命少彦名命は薬師神社の祭神。
大山祇命は中山神社、稚子媛は亀山神社の祭神だった。

本殿の扉に「輪宝紋」の彫刻が付けられていた。
『福井県神社誌』によると、八輪宝が当社の神紋。


社号標

参道と社域

参道途中の祠

鳥居

社殿から境内

境内

拝殿

本殿


最終更新日:2013/10/09
【 与須奈神社 與須奈神社 (福井市)(印刷用ページ) 】

ボーダー




no index