HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北海道東北地方]  >
メニューを表示する 表示用ページ


駒形神社
こまがたじんじゃ
[岩手旅行] 岩手県遠野市綾織町下綾織町第31地割37番地  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴


御祭神
保食神 月讀之神

遠野市綾織町にある。
岩手二日町駅から南へ。
猿ヶ石川を越えて、500mの位置に、北向きに鎮座。
境内は南北に長く、舟形をしている。

境内入口には石の鳥居。参道には朱の鳥居。
社前に手水石が置かれ、その横に、少し蒼い石がある。
『遠野物語拾遺』に、当社境内の竜石の話があり、
境内を探したが、この石だろうか。
石の模様が、竜に見えなくもないのだが。
社殿の裏にも立石があるが、ノッペリとして竜には見えなかった。

ということで、どれが竜石かわからなかった。

創祀年代などの、由緒は不明。

社殿の中をのぞくと、『胡四王権現』という額がある。
本殿前の幕には、駒形と月山の文字。
月山の神(月讀之神)を相殿に祀っているようだ。
良く見ると、男根の彫物が供えられている。

綾織村の駒形神社の境内には、
竜石という高さ四尺ばかりの、褐色の自然石がある。

昔 村の人がこの石を曳いてここまで来ると
どうしても動かぬので、そのままにしておくのだという。
何のために曳いて来たかは伝わっていない。

竜石という名前も元はなかったが、
ある時旅の物知りが来てこの石の話を聞き、
ぜひ見たいというから案内をして見せると、
これは竜石という石である。

それここが眼でこれは鼻、これが口だ耳だ首だ胴体だといって、
とうとう竜の形にしてしまったので、
村の人ももっとものことだと思ったという。

−『遠野物語拾遺 第十四話』より−

この駒形神社は、俗に御駒様といって石神である。
男の物の形を奉納する。

その社の由来は昔ちょうど五月の田植え時に、
村の若い女たちが田植えをしているところへ、
一人の旅人が不思議な目鼻もないのっぺりとした子供に、
赤い頭巾をかぶせたのを背中におぶって通りかかった。

そうして今の御駒様のある処に来て休んだ。
あるいはその地で死んだともいう。
それがもとでここにこの社が建つことになったそうな。


−『遠野物語拾遺 第十五話』より−


鳥居

参道と鳥居

境内

拝殿

拝殿内部

手水舎と石

境内の立石

本殿

境内の立石

駒形神社
もとは蒼前駒形明神をまつり、のちに 男性器の形の石棒を御神体としていま す。若い女たちが田植の最中に眼鼻の ないのっぺりした子供に赤い頭巾をか ぶせて背負った旅人が通り、置いてい ったのがいまの御神体とされています。 境内の竜石の話もあわせて『遠野物語 拾遺』第14話と第15話にのっています。

−境内案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 駒形神社 (遠野綾織)(印刷用ページ) 】

ボーダー




no index