HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを表示する 表示用ページ


青衾神社
あおぶすまじんじゃ
[愛知旅行] 愛知県名古屋市熱田区白鳥2  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 尾張國愛智郡 青衾神社
熱田神宮境外摂社

御祭神
天道日女命

名古屋市熱田区にある。
19号線を越えて、熱田神宮の西、白鳥町に鎮座。
19号線から白鳥小学校の南の道を入ると、
交差点の角に小さな境内がある。

境内には垣に囲まれた社殿が一つ。

創祀年代は不詳。

「青衾」は、愛知郡の産土神で、
「あおぶすま」は「うぶすな」の訛りとする説がある。

江戸時代には、熱田神宮摂社に「アヲブスマ」と称する社が二つあり、
東六社の中のアヲブスマは、青衾と書き、日神を祀り、
西六社の中のアヲブスマは、白衾と書き、月神を祀っていた。

このうち、青衾社は明治になって廃絶し、
白衾社が、現在、白鳥鎮座の青衾社となった。

高座結御子神社祭神・高倉下命の母である
天道日女命を祀る神社だが、祭神の異説として、
天魄月、饒速日命天香語山命天火明命など。

青衾神社と同じ白鳥町  Zenrin Data Com Maps display !! に、熱田神宮境外末社・影向間社がある。
青衾神社を探して白鳥町を歩いている時に見つけた。
祭神は、熱田大神。
小さな祠だが、ちゅんとした境内を持ち、
熱田神宮の除厄招福祈念行事である踏歌神事は、
熱田神宮本宮・別宮・当社・大幸田社の順に行われる。
その影向間社の横に「白鳥御陵」と刻まれた石柱が立っている。


青衾神社境内


青衾神社社殿

影向間社横に
「白鳥御陵」の石柱


影向間社(ようごのましゃ)


最終更新日:2013/10/09
【 青衾神社(印刷用ページ) 】

ボーダー




no index