HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを表示する 表示用ページ


熱串彦神社
あつくしひこじんじゃ
[新潟旅行] 新潟県佐渡市長江854  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に梅鉢

式内社 佐渡國賀茂郡 阿都久志比古神社
旧県社

御祭神
阿田都久志尼命 配祀 金山彦命

佐渡空港の近く、佐度市長江にある。
佐渡最高峰の金北山(1173m)の南東麓。

350号線からは水田の畦道程度の道しかない。
軽トラックなら車で行けるだろう。
裏には車道があったが、行き方が分からない。

周囲は水田。水田の中に狛犬が立つ。

式内社・阿都久志比古神社に比定されている古社。

社伝によると、貞観年間(859〜877)の創祀。
当時は、長江川の上流の川崎という長江山の中腹にあり、
長江村の産土神。

古くは「水の尾明神」とも云い、
本来の祭神は阿都久志比古命だと思うが、現在の祭神は阿田都久志尼命
阿田都久志尼命は、別名を天日方奇日方命とも櫛御方命ともいい
事代主命の御子神とされているらしい。
また、「熱串(=阿都久志)」はイツクシという説もある。

配祀の金山彦命は、
もと金北山に鎮座し国里宮と称したが、
明治初年、本社に配祀された。

明治五年、上横山の無格社・金北山神社を合祀。
明治六年六月郷社に列し、昭和五年県社に昇格した。

神紋は社務所に掛かっていた幕から。でも自信は無い。
屋根瓦には、水の尾明神の「水」文字や、
桐紋、六條藤紋などが付いていた。


社域

境内

拝殿

本殿

熱串神社 旧県社
両津市長江
祭神 阿都久志比古命(配祀)金山彦命
例祭 四月一三日
由緒沿革 延喜式内の古社で古来から地方上下 の尊崇が厚く、正徳四年に造営があった。 金山彦命はもと金北山に鎮座し、国里宮と称 したが、明治初年本社に配祀す。熱串はイッ クシの意味で、霊験があったということであ る。昭和五年県社に列す。

−『神社名鑑』−



最終更新日:2013/10/09
【 熱串彦神社(印刷用ページ) 】

ボーダー




no index