HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関西地方]  >
メニューを表示する 表示用ページ


比賣久波神社
ひめくわじんじゃ
[奈良旅行] 奈良県磯城郡川西町大字唐院字教塚743  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ柏

式内社 大和國城下郡 比賣久波神社 鍬靫
旧村社

御祭神
久波御魂神 天八千千姫命

島の山古墳(島根山古墳)の西側。
古墳のある池に沿って、参道が北に延びている。

創祀年代は不詳。
一説に鳥羽天皇天仁年間(1108〜1109)の鎮座であるというが、
式内社・比賣久波神社に比定される古社であるとも。

江戸時代には「子守社」称していた。

比売久波は「姫桑(ひめくわ)」らしい。
桑の葉を神体としているという。

近くに糸井神社があり、
あるいは、糸井神社祭神・天日矛神の后、阿加流比賣命とも考えられている。

天八千千姫命は、天棚機姫命の別名。
いずれも織物に関係する神。

参道の右手の池に「島の山古墳」。
島垂根の墳墓と考えられている。

神紋は拝殿の瓦にあった紋だが、自信が無い。
祭神から考えると、桑葉であるのかもしれない。


島の山古墳

参道入口の鳥居

境内入口の鳥居

拝殿

本殿

本殿左 事代主・春日

本殿右 熊野・大国主

比売久波神社
 この神社の久波御魂神は、アマハチ姫を祭神と しています。本殿は、春日大社摂社若宮神社本殿 を移建したものと伝えられており、装飾の少ない 簡素なもので形式・手法は春日大社本殿と一致し ており江戸時代初期とされています。
 本殿の右には、大国主神社の境内社があります、 左には、蛭子神社と春日神社の社殿が並び、さら に春日神社の西には校倉づくりの宝倉があり興味 をひきます。本殿は、奈良県指定文化財となって います。

−境内案内−



最終更新日:2013/10/09
【 比売久波神社 比賣久波神社(印刷用ページ) 】

ボーダー




no index