HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを表示する 表示用ページ


南宮大神社
なんぐうだいじんじゃ
[山梨旅行] 山梨県韮崎市大草町上條東割790  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に立梶の葉

式内社 甲斐國巨麻郡 神部神社
旧郷社

御祭神
建御名方命 大己貴命 事代主命 金山彦命

韮崎市大草町にある。
韮崎駅の南2Km、釜無川の西岸の上條東割。
大草公民館の西に境内がある。

公民館に面して桜が満開だった。
桜を見ると、なぜかホワッとした気分になる。

社伝によれば、甲斐源氏の祖・新羅三郎義光が
甲斐任国の時に崇敬した社。
武田家・一条家の産土社であったという。

式内・神部神社の論社のひとつだが、
大方の資料では、違うだろうということ。

現在の主祭神は、建御名方命だが、
社名からすると、金山彦命が本来の祭神なのかもしれない。
あるいは、韮崎中心部の南にあるという理由から
南宮と呼ばれたのかもしれないが。

赤い拝殿の屋根の中央には、梶紋がついていた。
主祭神が建御名方命なので、これが神紋だろう。
だが、拝殿には、他にも剣花菱のような紋がついていたが、
これについてはわからない。


境内横の桜が満開

鳥居と神門

神門

境内

社殿

境内と社殿

拝殿

境内社の石祠

舞殿

本殿

本殿

南宮大神社
大草町上条東割

南宮大神社は、諏訪明神すなわち建御名方命 を主祭神とし、大己貴命事代主命金山彦命を配祀する、甘利郷きっての大社である。
社記によれば、新羅三郎義光が甲斐任国の時 崇敬して社壇を造営したといい、武田太郎信 義、その嫡男一条次郎忠頼も篤く崇敬し、武田 一条氏が武川地方に封ぜられると、当社を産土 神として崇敬し、その支族の武川衆諸氏も 協力して当社に奉仕した史料を伝えている。
また武田信玄は当社の禰宜(神主)に対し、 府中八幡宮に二日二晩参篭し、武田家武運 長久と領内安穏の祈祷をすることを命じた。
徳川家が社領十六石八斗、社地四千六百坪を 寄進したのは、武田家の例に倣ったものである。
現存する社殿・建造物は、本殿・拝殿・神楽殿・ 随神門・石鳥居などで、境内地も縮小されて 千六百六十五坪に過ぎない。戦前までは、境内 に新羅三郎手植と伝えられる桜の巨木があり、 植物学上、全国に比類のない珍種とされていた が、惜しくも枯死した。

−境内案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 南宮大神社 (韮崎市)(印刷用ページ) 】

ボーダー




no index